デザイン理論|80対20の法則(パレートの法則)でLess is more.を実現する

デザイン理論|80対20の法則(パレートの法則)

80対20の法則(パレートの法則)はマーケティングに関連する理論として語られることが多いですが、デザインにおいても意識すべき法則になります。

では、どのように活用していけば良いのでしょうか。

80対20の法則とは?

イタリアの経済学者ヴィルフレッド・パレードが発見した冪乗則。経済や自然現象にはばらつきや偏りがあり、全体の数値の大部分は一部の要素が生み出しているという理論。パレートの法則、ばらつきの法則ともいう。

80対20の法則の事例

『現代でよくパレートの法則が用いられる事象

  • ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。
  • 商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。→ロングテール
  • 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
  • 故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。
  • 所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
  • プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。
  • 全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。』

Wikipedia

要するに、「20%の成果しか生み出さない80%に注目するのではなく、80%の成果を生み出す20%に注目して成果を最大化しよう」という話です。

デザインで意識すべきこと

80対20の法則をデザインに当てはめて考えてみた場合、

  • 20%のデザイン要素が80%の成果を生み出す
  • 80%のデザイン要素は20%の成果にしか繋がらない

ということになります。

つまり、80%の要素にデザインの修正や調整の労力を割くのではなく、20%の要素にその労力を注ぐべきなのです。

Webデザインの現場であれば、クライアントは自社の魅力についてなど、無駄な要素を詰め込もうと躍起になることがあります。デザイン要素が増えれば、その分コストはかかるし成果にも繋がりません。

成果に繋がりにくい部分に最適化の時間と労力を割くなら、

  • トップページのヘッダー画像と導線設計にとことん拘る
  • 80%の無駄なコンテンツはいっそのこと捨ててシンプルにする

このようにしていった方が成果に繋がるはずです。

まとめ

80対20の法則を取り入れて、余計な労力を排除しよう

Less is more.とは良く言いますが、クライアント視点でデザインを進めていくと大事な部分が見えなくなることがあります。

「本当に大事な要素は何なのか?」を見直してみて、もしクライアントが間違った要素に拘ろうとしているならぜひ80対20の法則を持ち出して、説得してみてはどうでしょうか。

デザイナーにとって1pxや0.1mmに拘ることは重要だと思いますが、最初はそもそも無駄なコンテンツが多過ぎることが多いので、それらを排除しシンプルに魅せるとさらに伝わるデザインが出来上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA