WW初心者入門#3|Webライティングの特徴とは?その他文章との違い

Webライティングの特徴とは?その他文章との違い

Webライティング(WW)の初心者入門#3です。ここではWebライティングの特徴をその他の文章との違いを比較しながら考えていきます。

ただ文章を書けば良いわけではないWebライティング。どのような特徴があるのでしょうか?

最大の特徴は検索エンジンを意識するかどうか

Webライティングとその他の文章の最も大きな違いは、検索エンジンを意識しているかどうかです。公開された記事は読んでもらえなければ存在価値がありません。検索エンジンで上位表示させることに重点を置いた文章を書くことがWebライティングに求められます。

また、インターネットを経由して不特定多数へ情報伝達を行うことから、ユーザーの性質なども加味すると、Webライティングでは以下のような特徴があることが分かります。

  • 検索エンジンで上位表示されることを意識する
  • Web上で閲覧しやすいようにする
  • ネットユーザー向けの記事を書く(基本リテラシー低め)

ネットユーザーは「せっかちで面倒臭がりであり、探している情報をサクッと見つけたい」と考えています。また、リテラシーの低いユーザーが多く、難しい文章は嫌われます。

これだけでは分かり辛いと思いますので、もう少し深掘りしてWebライティングへの理解を深めていきます。

1.検索エンジンで上位表示されることを意識する

1.1.検索キーワードを意識して記事タイトルを作成する

ユーザーが検索エンジンから自らの記事を探し出してもらえるようにしたいため、どのような検索キーワードを選定するかはアクセスを集める上で極めて重要な施策となります。検索された際にはタイトルと概要しか表示されませんから、「クリックされやすいタイトル」をつけることも大切です。

1.2.検索エンジンロボット向けのコンテンツにする

検索エンジンで上位表示させるには様々なテクニックがありますが、作成した記事をユーザーだけではなく、クローラー(検索エンジンロボット)からも高い評価を得る必要があります。そのためにもHTMLタグの構造を分かりやすくすることや、記事の構成を工夫するなども求められてきます。

1.3.他のユーザーと記事の質を競い合う

ある検索キーワードによって検索結果1ページ目に表示されるのは、広告を除けばたったの10記事です。2P以降の記事はほとんど読まれません。

そのため、検索結果の上位に表示させるための競争が生じ、より良い記事が次々と生まれることになります。現在であれば、文字量が2,000字〜10,000字程度ないと検索上位に表示されるのは難しいことが多いです。(競合性の高い検索キーワードほど高いレベルの競争となります)

2.Web上で閲覧しやすいようにする

2.1.スマホ・PCで見やすく読みやすいように書く

Web上に公開された記事はスマホやPCで読まれることになります。自分の立場に立ってみても、文字が小さかったり改行がなく詰め詰めの文章は読みたくないですよね。

Webライティングでは、公開するサイトのデザインも考慮しつつ、文章全体のビジュアルを意識します。見出しや段落の分け方を工夫したり、画像や図を用いて視覚的に訴えかけるのも大切です。

3.ネットユーザー目線で記事を書く

3.1.文章は簡潔に、ダラダラと書かない

書籍では数十万字の文字量であるテーマについて詳しく解説していきますが、Webライティングではそんなに長い文章を書くことはありません。また、ユーザーは自分の探し求めている情報をなるべく「手っ取り早く楽に」見つけたいと考えています。

書きたい文章ではなく、読者目線で読まれる文章を書くのが基本となります。文章を書くとなると自己満足な日記や感想文で終わる人が大勢いるので、気をつけてください。

まとめ

ネット上には膨大な量の情報があり、ユーザーはその中から自分に適した情報を検索します。

ネット経由で記事を読むユーザーは、せっかちで面倒臭がりです。求めている情報を素早く知りたいと考えており、簡潔で分かりやすい文章を好みます。そのため、冗長的な文章は好まれず、結論を先に書いた方が良いなどの特徴があります。

自分の好き勝手な文章を書くのではなく、ユーザー(読者)に読んでもらう文章を書くのがWebライティングです。

この本質を理解し、ユーザー目線で価値ある情報を提供するためにはどのようなタイトル・構成にしていけば良いかを考えることが大切になってきます。

また、検索エンジンにとって分かりやすい文章であることも非常に重要です。大見出し・中見出し・小見出しと分けるなど、ロボットに認識しやすい構成にすることで検索結果に上位表示されやすくなり、読んでくれる人が増えます。

そのためWebライティングでは、誰がどのようなキーワードで検索し、どのようなタイトルや内容に興味を持つのかを考え、戦略的に文章を書くことが求められます。

この「戦略」部分に関しても今後記事を書いていきますので、愉しみにしていてください。

今回のポイント!

読者と検索エンジンに対して価値ある文章を作成するのがWebライティングの特徴。ユーザー(読者)目線であることはもちろん、検索エンジンで上位表示されやすいような構成であることが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA