WW初心者入門#1|Webライティングとは?なぜ必要なのか?

Webライティングとは?なぜ必要なのか?

Webライティング(WW)の初心者入門#1です。ここではWebライティングとは何なのか?を解説していくともに、その必要性などについても触れていきます。

Webライティングとは?

Webライティングは単純に【Web×ライティング】の複合語ですから、単語自体に明確な定義があるわけではありません。とはいえ、Webライティングについて記述していくあって、一度定義しておかなければ話が伝わりにくくなるので情報を整理してみます。

検索エンジンに上位表示させるためのライティング技術である

コンテンツ・マーケティングを専門としている株式会社Lucyでは、Webライティングを以下のように定義しています。

『コンテンツを、検索エンジンから見て読みとりやすくなるようにして、正しくインデックスさせ、適切にランキングしてもらうための技術。コンテンツを本来あるべき順位よりも上に表示させるためのテクニックではなく、あくまでもコンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうための技術。』バズ部|WEBライティングでSEO効果を倍増させるために絶対やるべき18の事

この企業では、Webライティングを「検索エンジンで上位表示させるためのライティング」であり、「ユーザーに満足・支持してもらえるコンテンツを作るためのライティング」をコンテンツライティングと分けて定義しています。

しかし、Google検索エンジンの基本理念が「ユーザーにとって価値ある情報を上位に表示させる」ことであることを踏まえると、Webライティングにおいて「コンテンツに触れたユーザーを満足させること」は前提条件であり切り離すべきはないかと思います。

また、なぜWebライティングを活用するのかというと、それは「ビジネスのため」であるわけですから、「企業または個人の利益拡大のため」であることも重要な要素です。

これらの点に着目して、Webライティングについて再度定義してみました。

Webライティングとは、Webページを検索エンジンに最適化することで企業または個人の利益拡大を図るためのライティング技術。Webマーケティングに欠かせない技術であり、ユーザー視点でユーザーが満足・支持するコンテンツを作成することが基本である。(この記事を書きながら考えたものなので、後日何度か修正するかと思います。)

次に、Webライティングの必要性について考えていきます。

なぜWebライティングが必要なのか?

Webで人々に情報を届けるためには、Webライティングは必須スキルです。WebライティングのスキルはSNSでの情報発信やメール文章作成・企画書を作成する際にも役立つ汎用性の高いスキルなので覚えておいて損はないでしょう。では、なぜWebライティングを学ぶ必要があるのでしょうか。

価値ある情報もユーザーに届かなければ意味がない

どんなに価値ある商品があったとしても、その情報が人々に届かなければ存在していないのと同じです。Webライティングを正しく実践することで、あなたが伝えたい情報を検索エンジンを通じて人々に届け、読み手の興味を引き、ニーズを引き出し、事業の拡大に役立てることができます。

Web活用は企業・個人にとって最重要課題である

現代ビジネスにおいてWebを活用できていない企業の多くは衰退していっており、IT企業・ITを活用できている企業だけが持続的な成長を実現できていると言っても過言ではありません。WebライティングはWebマーケティングのほんの一部の要素に過ぎませんが、Webを通じてユーザーに情報を届けるための基本的なテクニックです。

Web活用を考えている企業・個人の方はWebライティングを学び実践することで、日本中・世界中のWebユーザーに情報を届け、ビジネスへと繋げることができます。

こうした技術を「必要ない」と言えるのであれば、学ばなくても良いと思いますが、ほとんどの人にとってはそうではないはずです。

でも、人工知能によってライティングは必要なくなるんでしょ?

近年、人工知能の目覚しい発展により、米AP通信社などの企業では一部の記事執筆を人工知能に任せるようになりました。日本でも日経新聞で人工知能が書いた文章が掲載されたなんてことも話題となりましたし、人工知能が小説を執筆しているなんて話も聞きますよね。

これにより人間によるライティングが必要なくなるのではないかと懸念されている方もいるのではないかと思います。

ですが、個人の体験をもとに独自の視点で書かれたオリジナリティー溢れる感情表現豊かな文章は人工知能には書けません。「Web上に十分な情報が存在しない」ものをWebから収集した情報をもとに学習して書くことはできませんよね。

(ただ、公開した瞬間に自分だけのものではなくなりますから、その辺はちょっと怖いです。)

とはいえ、新しいアイデア・サービスを生み出せる人は人工知能が闊歩する時代においても活躍できるはず。

当分の間は、まず元々誰にでも書けるような決まった形式の文章は人工知能が書いてくれるようになり、それ以外はライティングのサポートツールとして活躍してくれるようになると思います。

そこで自らのライティング技術を確立している人は、人工知能を活用してライティングの生産性を飛躍的に向上させることができます。この生産性の差は何倍・何十倍となるでしょうから、ぜひWebライティングと人工知能を活用してビジネスに繋げていきたいものです。

話を戻して、人工知能によってWebライティングが必要なくなるのかという点に関しては、「なくなるとは言えないが、どこまで自動化されるかは不明であり、作業の大半が自動化されるにはまだ時間がかかるだろう」ということです。

(Instagram・LINE・SnapChatで写真やスタンプを使って会話するなど、日常における記述言語コミュニケーションの希薄化は世界的に進行しており、テクノロジーの進歩でライティングの概念は大きく変わるかもしれないことは頭に入れておいた方が良いかもしれません。)

Webライティングは基礎的なスキルなので、だいぶ先の脅威を考えて学ばぶことをしないのではなく、学んでおくことをおすすめします。あくまで、Webを活用して人々に情報を届けるためのスキルですから、ビジネスをする人間にとっては必要不可欠です。

今回のまとめ

Webライティングとは、Webページを検索エンジンに最適化することで企業または個人の利益拡大を図るライティング技術。Webマーケティングに欠かせない技術であり、ユーザー視点でユーザーが満足・支持するコンテンツを作成することが基本である。

WebライティングはWebマーケティングにおいて、基礎の基礎的なスキルです。価値ある情報もユーザーに届かなければ意味がありません。Webライティングの技術を学んで、ビジネスの成長へと繋げていきましょう。

次回の記事はこちら↓
WW初心者入門#2|Webライティングを学ぶ重要性と7つのメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA