WW初心者入門#2|Webライティングを学ぶ重要性と7つのメリット

Webライティングを学ぶ重要性と7つのメリット

Webライティング(WW)の初心者入門#2です。ここではWebライティングを学び実践していくことで得られるメリットについて解説していきます。

あなたがWebライティングを学ぶことで何が得られるのでしょうか。

前回の記事はこちら↓
WW初心者入門#1|Webライティングとは?なぜ必要なのか?

Webを経由して情報を届ける

私たちはなぜWebライティングを学ぶ必要があるのでしょうか?

ビジネスにおいてWebライティングは必要不可欠

Webを活用して人々に情報を届ける際に、Webライティングの学習は必要不可欠です。Webライティングでは、ただ分かりやすい文章を書けば良いのではなく、「どのような文章なら見つけてもらえるのか?」を意識して書くことになります。

どんなに価値のある情報も伝わらなければ意味がありません。Webライティングを正しく学んでいくことで、あなたが伝えたい情報をインターネットを通じて人々に届け、読み手の興味を引き、ニーズを引き出し、事業の拡大に役立てることができます。

Webライティングを学ぶ意義について、広い視点から少し掘り下げて考えてみましょう。

Webライティングを学ぶメリット

1.文章力・表現力が向上する

様々なテーマに関する記事を書いていく中で、あなたの文章力・表現力は飛躍的に向上します。仕事で普段から文章を書く機会のある方でも、分かりやすい文章を書く練習になりますし、それが円滑な人間関係の構築や仕事の成果に繋がることも少なくありません。

伝え方次第で相手の反応は大きく変わります。分かりやすい文章が書ければ、言葉の行き違いが起きることもなくコミュニケーションがスムーズに進みます。

2.論理的に考え、情報収集/整理する力が身につく

文章を書いていくには論理的な思考を元に情報を収集/整理していくことが欠かせません。「どうすれば分かりやすい文章が書けるか?」を意識して書くことで、自然と論理的な思考力や情報収集/整理する力が身についてきます。

3.文章を書いて稼ぐことは簡単

さほど文章力がない方でもクラウドソーシングサービスなどを活用することで簡単に稼ぐことができます。最初は単価が低い案件から始めることになると思いますが、文章を書く練習をしながらお金がもらえるので一石二鳥です。

4.成果が明確に見える

書いた文字量・こなした案件数・記事のアクセス数など、Webライティングは成果が数字で見えてきます。ブログ運営をしていった場合、「最初はアクセスがほとんどなかったのに半年後には毎月○万人のアクセスがくるようになった」なんて話がゴロゴロ転がっています。

成果が見えると成長を実感できますし、やっていてすごい楽しいです。

5.不特定多数の人々に情報を届けることができる

今この文章を読んでいるあなたは、恐らく僕と面識の全くない方だと思います。ですが、Webを通じて情報が届き、このサイトの存在を認知していただくことができました。

言ってしまえば、ただ文章を書いてWeb上で発信しているだけにも関わらず、このように不特定多数の方に知ってもらえる機会ができてしまうのです。もしこれがプロダクトやサービスの紹介記事であれば、商品の認知→購買まで繋げることで売上を出すことができたかもしれません。

6.社会との繋がりができる

文章を書き、発信することで、新たな人との繋がりができます。それはとてつもなく薄っぺらい関係かもしれませんが、確かに存在しています。時にはリアルにも波及して一緒に仕事をする人が出てくるかもしれませんし、もしかしたら恋人が見つかるなんてことも…。

中々実感できない繋がりではあります。それでも日本中・世界中の人と小さな繋がりができるのは楽しく魅力的ではないでしょうか。

7.事業の幅が広がる

Webライティングのスキルを活用して発信力を獲得すれば、そこからビジネスに繋げることができます。例えば、月100万人が訪れるサイトを構築することで、自社サービスの販売などに役立てることはもちろん広告収入も得られるでしょうし、新規事業を構築していく上でも強力なPRツールとなります。

今回のまとめ

Webライティングの重要性、そのメリットについてご理解いただけたでしょうか。普段文章を書かない人であれば1,000字の文章を書くのも大変かもしれませんが、練習して基本的な型が身についてくれば2,000〜10,000字超の文章も案外簡単に書くことができるようになります。

(因みに、新書が1冊20万字程度の文字量なので、2,000字の文章を100記事書けばだいたい本1冊分の文章を書いたことになります。電子書籍なら出版のハードルは低いですし、Webライティングのスキルを身につけていけば本を1冊書くことも身近に感じられると思います。)

基本的なスキル習得はそう難しいことではなく、日常的に知人とメールやSNSで書いている文章をWeb経由で不特定多数の方に発信する形に整えるだけです。

僕の文章は堅めにすることが多いですが、「やっほ〜、今日も良い天気だね。実は…本日をもって会社を退職することにしました(パチパチ)。なんで退職したかって?知りたいなら最後までこの記事を読んでみることをおすすめするよ〜。」といったフランクな感じの文章は親近感・共感を得やすくバズることが多いです。

見やすさや読みやすさという観点から基本的なテクニックはあっても、絶対的な文章の書き方はありません。その点は他の方の文章を参考にしたりしながら自分なりのスタイルを探していくことになります。

文章を書いて、発信することで、読んでくれる人がいる。そんなWebライティングを大切だと思う方はぜひ少しずつ勉強していきましょう。

p.s.

文章だではなく写真や動画なども活用することでより魅力的な情報をWebを通じて不特定多数のユーザーに届けることができます。表現の幅を広げるために、写真や動画の扱い方も学んでおくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA